09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Agru

Author:Agru
何に置いても人間性ってすごく大事だと思うんです。

もちろん、人の価値観は十人十色ですし、
どの価値観が正解でどの価値観が不正解とかは無いですけど。
ただ、実際自分の口に入る物だから〈食〉に携る現場の人が
どんな人なのかとか、どんな価値観なのかってすごく大事だと思うんです。

自分が生産者やってて、他の生産者さんや消費者さんと意見が食い違う事多々あります。
それで、じっくり話してみると、どちらが間違っているかではなくて..
少しのずれなんですけど、経験とか育った環境とか、知識とかで大きな隔たりが出来ていたりして。
それでもやっぱり自分の口に入る物だから譲れない部分があったりして。。


《AGRU》は食や農に対して、出会いのお手伝いをしたいんです。ホントに。
だって、そういう出会いを見つけた時に、本当に嬉しい事を知っているから。


〈つくりての立場〉から、〈調理してる立場〉から、〈食べる立場〉から、
それぞれの現場から伝えられる事、沢山ある筈です。それが、現場の宝です。

これからは、数多くの現場の声をお届け出来るように努めてまいります。
本当に本当に、素敵な出会いがありますように。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビロちゃんのノマド農業記13

2012.10.30 02:16|ビロちゃんのノマド農業記
就農を目指し、自分の帰るべき畑を求め、全国を旅歩くビロちゃん。そんな彼女の畑生活をお届けします。
彼女の就農までの道程は、本当に畑をやりたい人へのメッセージですw
ファームステイの最中で急遽連載をお願いした為、途中よりのお話になりますがご了承下さい。

ビロちゃん13

台風接近中~。

またしても雨雨雨。
なので畑は休み。
なのでこんな日は…市役所へ!


実は南房総市の三芳には、
新規就農者支援施設なるものがある。

これは、地方農村において、
次代の担い手である新規就農者の育成確保の為に行政が設けた施設で、
要するに、
三芳で就農したいって人に
わりと安く(っていってもそんなに安くはない)貸してもらえる住宅なのであーる。

こんなにありがたいものがあるならぜひとも利用するっきゃないのであーる。

がしかし!
これがまたそう簡単には貸してくれないのである。

入居できる条件がいくつかあって、
それをクリアしてれば、
営農計画書やらなにやら、とにかくたくさん書類を書いて、
申請→審査→認可されてからの入居。
市の担当者から色々説明を受ける。

今後、三芳で(←ここ重要)就農する意志とその素質があるかどーかが重要らしい。

まー確かにどこの輩かわからない人には貸せないもんね。

ここに入居できるように、
審査通るように、
計画書等々頑張って書きます。



地方の農村での高齢化、過疎化はここ南房総だけじゃなく、日本全国で深刻化してるのはもはや常識。

耕作放棄地は増え、日本の元風景はいつか失われてしまうかもしれない。

日本の第一次産業はどうなってしまうんだろう。って思う。

10年後、20年後、30年後…
日本の食卓に並ぶものは今より随分変わってるだろうな。



三芳はこういった施設を作ったりして
新規就農者に対しての支援姿勢があることは多少伺えるけど、
行政側の実質的な支援、バックアップの仕組みがあるようには感じないなぁ。
もっともっと本気で真面目に(やってるとは思いますけど、、)取り組まないと、
もうけっこうなとこまできてると思うんだけどな、私は。


まー、憂いてばかりいてもしゃーない。

今目の前にあるものをひとつひとつきちんと丁寧に。
やれることからやってこーっ。
もちろん楽しみながら!


千里の道も一歩からなり。

ビロちゃんのノマド農業記12

2012.10.26 01:20|ビロちゃんのノマド農業記
就農を目指し、自分の帰るべき畑を求め、全国を旅歩くビロちゃん。そんな彼女の畑生活をお届けします。
彼女の就農までの道程は、本当に畑をやりたい人へのメッセージですw
ファームステイの最中で急遽連載をお願いした為、途中よりのお話になりますがご了承下さい。


ビロちゃん12


枇杷山の草刈りにいって、
折れた枝の整理などしたので、
葉っぱを何枚かもらって、
枇杷の葉エキス作り!


枇杷は果物としての価値だけじゃなく、
むかーしむかーしから
優れた薬効を持ち、
生きとし生けるものの
万病を治す樹とされてきたらしい。

三千年前のインドの仏典の中にも、
『大薬王樹』として登場してるみたい。

枇杷の葉は、
温灸、湿布としても使えるし、
煎じて飲むと、
胃腸の調子を整えたり、
咳止めになったり。

とにかく枇杷の葉はすごい!


枇杷の葉エキスは、
固めの葉を焼酎につけて、
4ヵ月ほど置いて熟成。

このまま飲んでもいいらしいんだけど、
私は、熟成されたエキスとグリセリンと精製水を合わせて
枇杷の葉化粧水を作るつもり~♪

美肌効果あるらしい♪
アトピー肌の改善もできちゃうらしいから、
やっぱ枇杷の葉すごい!


自然の中には人間に必要なものがたくさん用意されてるんだな~

こうやって自然の恵と暮らしていけるように、
これからはもっとそうなりたいな。


熟成まで時間かかるけど
楽しみ楽しみ♪

ビロちゃんのノマド農業記11

2012.10.19 02:38|ビロちゃんのノマド農業記
就農を目指し、自分の帰るべき畑を求め、全国を旅歩くビロちゃん。そんな彼女の畑生活をお届けします。
彼女の就農までの道程は、本当に畑をやりたい人へのメッセージですw
ファームステイの最中で急遽連載をお願いした為、途中よりのお話になりますがご了承下さい。


ビロちゃん11

続・とある休日。


午後のひととき。
cafe風流にて。
瞑想ワークショップなるものを初体験!

四国からはるばるやってきた、関西なまりのちっちゃいジャッキーチェン(て本人が言ってた)みたいなおっちゃん、Atasa。

この方が瞑想の先生。

レクチャーを受けながら、そこに集まったみんなで瞑想したり、話聞いたり、想いをシェアしたり。

ヨガとか瞑想とか、
今までやったこともなかったし、
そんなに興味もなかったんだけど、

今回、チベットのなんちゃら瞑想(名前忘れた)って
2パターンの瞑想をして、
そのひとつが私には合ってたみたい。

スイッチがぱちって入ったみたいな感覚になったと思ったら、
ふわ~て体が軽くなって、
手とか足の感覚がなくなって、
宙に浮いてるかんじになった。

すごく研ぎ澄まされてある一点に集中してるんだけど、
何も他に考えてなくて、
でもすっごく気持ちいい~なにこれ~っては感じてて、

意識ははっきりあるのに眠ってるみたいな。


これが瞑想なのかなぁ

初めてでこんな体験できるもん?

よくわかんないけど、
今まで感じたことない不思議な感覚で、
終わってみると
すっごく頭がすっきりして、
気持ちよかったーってかんじ。

いい経験した♪

Atasaが言ってた。
「実はサーフィンの感覚も瞑想と似てるんよ。」って。

無心になってすごく集中していて、それでいてリラックスしている。
みたいな。

私的には、農作業もそうだな~

もちろん海に行くと自動的に無心になるし。

自分を解放する術を
人は意外と本能的にわかってるのかもなぁ
そこに意識して踏み込むってことなんだろうか。

新しいドアまた開けちゃったかな~これ。(笑)


あ~でもおもしろかった!
なんとも濃ゆ~い時間を過ごせたなぁ~

因みにAtasaは怪しい人ではありません(笑)
シタールを演奏したり、こうやって瞑想ワークショップを開きながら全国を旅歩いてる、トークのおもろいピースな自由人です。
って説明で合ってんのかな(笑)

こうゆう、おもしろい人達が集まってくるってゆうのも、
この土地の持ってる縁なんだろうなぁ。


思えば私も、
そのものが何かはわからないけど
なんとなく、でも強く、
南へ、南へ…って思いがあって
南房総へ来た。

そしてここで色んな人と出会って、
わ が繋がってく。

不思議なよーな、必然のよーな。
感謝ですなぁ~


波音と虫の声が聞こえるcafe風流で
不思議体験と幸せな気持ちになり、
なんとも充実した
休日が過ごせましたとさ。

ビロちゃんのノマド農業記10

2012.10.18 02:04|ビロちゃんのノマド農業記
就農を目指し、自分の帰るべき畑を求め、全国を旅歩くビロちゃん。そんな彼女の畑生活をお届けします。
彼女の就農までの道程は、本当に畑をやりたい人へのメッセージですw
ファームステイの最中で急遽連載をお願いした為、途中よりのお話になりますがご了承下さい。

ビロちゃん10

とある休日。

滞在先にて借りた軽トラをばいーんと飛ばして、
海へー!

そうそう、ここにきて、マニュアル車の運転をマスターしたのだー!
やったー!
オートマですらペーパーだった私にしては上出来(笑)
てゆうか、マニュアルで免許とっといてよかった~。
就農には軽トラ欠かせないもんね。いずれきっと。


他県ナンバーの車でひしめき合う、週末の南房総の海岸線。
そこにオンボロ(って言ったら失礼だけど)の地元ナンバーの軽トラで颯爽と到着!!

ちゃんと海に入る為に、ボディボードも友達から借りてきてて準備万端!

ウェットに着替えて久しぶりの入水。
やっぱ海は気持ちい~な~

波が持ってる強いエネルギーに翻弄されまくっちゃうけど、
まだ上手くのりこなせないけど、
胸サイズ以上の波はびびっちゃうけど、

でもとにかく楽しい!
それでい~のだ~

こっちで知り合った波乗り友達と、
小波専門のゆるサーフ部作ろっかって話で盛り上がるヘタレな私。(笑)

そんで、千倉で大会やってたので見に行く。

BEACH GIRL CLUB CUP

その名の通り、女の子による女の子のための大会。

ショート・ロング・BB

自分もあんなに上手くなったら大会とか出たくなっちゃうのかな~?

ま、全然出たいとは思わないけど(笑)
でももっと上手くはなりたいなぁ


"自然"と遊べる人ってやっぱなんかキラキラしてんだよなぁ

キラキラかわいいビーチガールがいっぱいいた


ビロちゃん10_2

それから、
千倉駅のちょっと先にあるカフェ、
SHELLSでまったりランチ。

ハワイの田舎の小さくてかわいいお家みたいなお店、
なんとオーナー夫妻のセルフビルド!
すげー!

いつか、セルフビルドした家に住む野望がある私。

いーないーなっ。
夢ふくらむなーっ。


千倉で波乗りしたあととか、ここにまた寄ろーっと。

な~んかいい時間が過ごせてるなぁ
って実感してしまう午後のひととき。
それは、ここのガーリックシュリンプが美味だったってゆうのも理由のひとつなのでした♪

ビロちゃんのノマド農業記9

2012.10.12 01:49|ビロちゃんのノマド農業記
就農を目指し、自分の帰るべき畑を求め、全国を旅歩くビロちゃん。そんな彼女の畑生活をお届けします。
彼女の就農までの道程は、本当に畑をやりたい人へのメッセージですw
ファームステイの最中で急遽連載をお願いした為、途中よりのお話になりますがご了承下さい。


ビロちゃん9

南房総でファームステイを始めて3週間が経とうとしてる。

はやいな~

3週間前から蒔き始めた 菜花が芽をだしはじめて、
ここのところの雨でぐんぐん大きくなっている~

今日はそんな新芽の間引き作業。

密植してるところのを、丈夫そうなのを残してぷちぷち抜いてくんだけど、
これがけっこうハマる楽しさ♪

土の上にしゃがんで、太陽を浴びながら黙々とぷちぷち抜く。

ぷちぷちぷちぷちぷちぷち…………

空の上ではトンビがピーヒョロロと鳴きながら旋回。

ぷちぷちぷちぷち…

振り返るとキレーに整理された新芽の列。

ふぅ~快感~♪

農作業のこの、
ものすごく集中&リラックスのいっけん相反するものがミックスされた感じが好き。


しかし、食物を作るって、たくさんの工程があって、時間と労力と、えらい手がかかってる。
それがどんな農法であろうと。

食べ物だけじゃなくて、物が何から作られていて、どこからきて、どういう風に作られていて、どこへ行き着くのか、
が見えずらい今の時代。
というか、知らずにいるだけなのかもなー。
知ろうってもっともっとするべきなのかも。


野菜やお米、
私達が口にするものって
自然の恵みと人の手があってこそのもの。
ありがたいな~
ありがとうございます。
って思いを込めて食べていこう~


って ぷちぷちしながら改めて思ったのでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。