04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Agru

Author:Agru
何に置いても人間性ってすごく大事だと思うんです。

もちろん、人の価値観は十人十色ですし、
どの価値観が正解でどの価値観が不正解とかは無いですけど。
ただ、実際自分の口に入る物だから〈食〉に携る現場の人が
どんな人なのかとか、どんな価値観なのかってすごく大事だと思うんです。

自分が生産者やってて、他の生産者さんや消費者さんと意見が食い違う事多々あります。
それで、じっくり話してみると、どちらが間違っているかではなくて..
少しのずれなんですけど、経験とか育った環境とか、知識とかで大きな隔たりが出来ていたりして。
それでもやっぱり自分の口に入る物だから譲れない部分があったりして。。


《AGRU》は食や農に対して、出会いのお手伝いをしたいんです。ホントに。
だって、そういう出会いを見つけた時に、本当に嬉しい事を知っているから。


〈つくりての立場〉から、〈調理してる立場〉から、〈食べる立場〉から、
それぞれの現場から伝えられる事、沢山ある筈です。それが、現場の宝です。

これからは、数多くの現場の声をお届け出来るように努めてまいります。
本当に本当に、素敵な出会いがありますように。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.23 13:40|牛はのろのろと
はやし農園ヘッダ2
12人の地主さんから土地を借り、約50種類の品目を生産されている 神奈川県青葉区の『はやし農園』さん。宅配、卸、直売とさまざまな形で地元の皆さんに野菜を届ける『はやし農園』さんのスタイルはまさに地産地消。そんな『はやし農園』ブログ【牛はのろのろと】転載させて頂きます!『はやし農園』さんの参加されるイベント情報もブログ最後に掲載致しますので要チェックですよ~。                            はやし農園 お問い合わせ noronorotoaruku@yahoo.co.jp

『苗づくり』


暖かな陽だまりの午後もあったかと思えば、すべてを凍らせるほど寒さ厳しい朝もあります。
雨の降る周期が、早くなってきました。
光のなかに、春が近づいていることを感じます。

はやし_250218


先日、温床に播いたレタス、ブロッコリーが元気にふた葉を広げました。
温床は、昔ながらの「踏込み温床(牛はのろのろと 第一章 街の百姓のアタラシイムカシサガシ<踏込み温床 2012年3月15日>より)」。
稲わら、落ち葉、米ぬかなどを何層にも積み上げ、水をかけて踏込み、自然の発酵熱によって温度を保ち、苗を育てる方法です。

レタス、ブロッコリーは合わせて1000株ほど。
それらが本葉を出しはじめたら、育苗スペースに移動させます。
次に播くのは、トマト、ナス、ピーマンなどナス科の野菜を500株ほど。

温床で芽出しをして、また育苗スペースに移動させます。
その次は、スイカ、きゅうり、ズッキーニ、南瓜などウリ科の野菜を約100株。
播いて芽を出して育苗スペースへ。
次は、バジル、青じそ、エゴマなどのシソ科の野菜を約100株。
その次は、長葱を約3000株。
続いて、苦瓜、シカクマメ、落花生などを約300株。
それから、モロヘイヤ、スイスチャード、空芯菜などを約100株。
そして、さつま芋の種芋を温床に植え、芋づるが長く伸びるまで育てます。
そうして夏野菜の苗づくりがひと区切りついてから、大きさ30cm×60cmの育苗箱におよそ200枚、稲の苗づくりがはじまります。

これが私の農園の、春の苗づくり。
とにかく、ひたすら、淡々と仕事を進めながら、しかし丁寧に、気持ちを込めて播いていきます。
誰もが知っていると思いますが、発芽に必要なのは「光と水と温度」。
この三つの要素を、季節の変化に合わせて、そして日々の変化に合わせて、さらに朝昼晩の時間によって生じる変化に合わせて微妙に調整していきます。

すごくシンプルで簡単なようで、実は難しいのが苗づくりです。
八割ほどは順調に育つのですが、まだまだ詰めが甘いせいか、二割くらいは発芽しなかったり、生育が遅かったりする株があります。

十代の終わりごろ、農家の方に教えてもらった言葉をよく思い返します。
「赤ん坊だと思って接するんだよ」、ベテランのその方はおっしゃっていました。
春の苗づくりだけで、半年にもおよぶ「赤ん坊」とのキャッチボール。
光が強すぎて、伸びた芽を傷つけないか・・・光が弱すぎて、ひ弱に育っていないか・・・。
水が少なすぎて、乾燥しすぎないか・・・多すぎて、根腐れを起こさないか・・・。
温度が高すぎやしないか、風通しをよくしなければ・・・明日の朝は低すぎやしないか、ビニール一枚だけで温度が保てるか、今夜はもう一枚かけておくか・・・。
なかなか「正解」はありませんが、甘やかしても、厳しすぎてもダメ。
同じ条件下であっても、「耐えられる子」もあれば、「そうでない子」もいます。
「苗の顔色」を見ながらすべてを理解できればいいのですが、すべてを察するのは「こちらの力量」として難しいようです。

ひと粒、ひと粒、種を播きながら、「個性」を見極めることの大切さを感じるのが、この苗づくりです。
そして、この苗づくりにこそ、育むことナラデワノひと手間がたくさん詰まっています。
(25.2.18)

2013.02.15 16:37|牛はのろのろと
はやし農園ヘッダ2
12人の地主さんから土地を借り、約50種類の品目を生産されている 神奈川県青葉区の『はやし農園』さん。宅配、卸、直売とさまざまな形で地元の皆さんに野菜を届ける『はやし農園』さんのスタイルはまさに地産地消。そんな『はやし農園』ブログ【牛はのろのろと】転載させて頂きます!『はやし農園』さんの参加されるイベント情報もブログ最後に掲載致しますので要チェックですよ~。                            はやし農園 お問い合わせ noronorotoaruku@yahoo.co.jp

『はやく大きくなーれ』


今朝もまた、うっすらと雪化粧。今年は雪の降る日が多いですね。
先月、雪に覆われて葉が傷んだ野菜も、たっぷりの陽ざしに助けられ、ずいぶんと回復してきました。
日が伸びると、途端に春を待ちわびる気持ちがわき上がるのは、作物も同じようです。

11月の終わりごろ、例年より少し遅れて葉を広げはじめたソラマメが、年を明けて、これまたいつになくゆっくりと生長してきました。
背丈は短く、なるべく低く広がって寒さをしのいできたのがひと目でわかります。
葉も少し厚いような気がします。
根もしっかりと深く張っている気がします。
私の経験では、ソラマメがこういう姿になると豊作が期待できます。

我が家の上の子に、「今年はソラマメ、たくさん採れる気がするよ!」というと、「はやく食べたい!いつ実がなるの?」と質問が返ってきました。
「6月の田植えの季節だよ」と答えると、何を想ったのか、一心不乱に「版画」を掘り始めました。

ジャジャ~ン!
はやく大きく育ってほしい気持ちがいっぱい詰まった「絵」が完成!
(2013.2.13)

はやし農園250215

2013.02.05 13:55|牛はのろのろと
はやし農園ヘッダ2
12人の地主さんから土地を借り、約50種類の品目を生産されている 神奈川県青葉区の『はやし農園』さん。宅配、卸、直売とさまざまな形で地元の皆さんに野菜を届ける『はやし農園』さんのスタイルはまさに地産地消。そんな『はやし農園』ブログ【牛はのろのろと】転載させて頂きます!『はやし農園』さんの参加されるイベント情報もブログ最後に掲載致しますので要チェックですよ~。                            はやし農園 お問い合わせ noronorotoaruku@yahoo.co.jp

『麦踏み』


麦を育てていると、わりと多くの人から「麦踏みするんでしょ、麦って!」と言われます。
麦を踏んだことなくても、関心を持っているというのはうれしいことですね。
そして、たいてい続いて「なんで踏むの?」と聞かれます。

今年は例年に比べて、ひと足早く冬がやってきたため、寒さが長いように感じます。
朝の強い霜と1月に降った雪の影響により、葉もの野菜は凍って痛み、春を待つ小麦やキャベツ、豆類はつぶれ、葉は痛み、かわいそうなくらいです。
寒さのため平年より野菜の背丈が伸びず、葉も少なめですが、こういうときこそ土のなかの根はびっしり、がっしりと生えています。

なぜ麦を踏むのか。
それはこの根をなお一層、びっしりとがっしりと生長させるため。
葉を踏むことで上に伸ばすことを抑制し、根の発根を促します。
こんなに寒くて踏まれて、大丈夫?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、麦は寒ければ寒いほど、土のなかの根を伸ばしていくものです。

寒い冬ならではの、穀物。こういうときには、本当にありがたい存在です。感謝!

牛はのろのろと_250201

牛はのろのろと【「どーんと」焼き】

2013.01.27 16:50|牛はのろのろと
12人の地主さんから土地を借り、約50種類の品目を生産されている 神奈川県青葉区の『はやし農園』さん。宅配、卸、直売とさまざまな形で地元の皆さんに野菜を届ける『はやし農園』さんのスタイルはまさに地産地消。そんな『はやし農園』ブログ【牛はのろのろと】転載させて頂きます!『はやし農園』さんの参加されるイベント情報もブログ最後に掲載致しますので要チェックですよ~。                            はやし農園 お問い合わせ noronorotoaruku@yahoo.co.jp

【「ど~んと」焼き】

年明けに、田んぼで「ど~んと」焼きをしました。
昨年の台風で折れたはざ木(はざぎ:刈った稲をかけ干す木や竹のこと)や夏秋の果菜類の枯れ枝などを、田んぼに山積みして、文字通り「ど~んと」焼きました。

はやし農園

小正月(こしょうがつ:旧暦の正月、1月15日)に、正月の松飾りやしめ縄などを積み上げて燃やし、新しい年の無病息災・五穀豊穣をお祈りする行事を「どんど焼き」といいます。
語源は、燃える火を「とうとやとうとや(尊や尊や)」とはやし立てたことや、どんどん燃える様子から、「どんど焼き」という言葉になったそうです。
盛んに燃える姿は同じでも、私の農場の「ど~んと」焼きは少しだけ意味合いが異なります。

新しい世紀がはじまったころから、野焼きをすることが厳しくなりました。
当時の廃棄物処理法改正により、野焼きが原則として禁止になったためです。いくつかの例外のひとつとして、野菜の残さや稲わら等、農業を営むために止むを得ないものとして行われる廃棄物の焼却は認められ、現在でもそのための野焼きは認められています。
しかし、街のとなりでする農業においては、その「例外」があってないようなもの。
天気の良い日に田んぼで火を燃やそうものなら、川向こうの遠くに建つマンションから消防署に通報され、消防車が駆けつけて「罰金」なんて話をよく耳にします。
トマトやナス、ピーマンなどの夏秋の果菜類の枯れ枝は、次の作りの病虫害との縁を断ち切るためにも、燃やすことが重要です。
農薬を使わないようにするには最低限、前作の残さを燃やさなければなりません。

燃やしたら罰金という事態に途方に暮れながら、あげくの果てに編み出した私の年始行事が、この「ど~んと」焼きなのです。
地域的慣習による催しや、宗教上の儀式行事に伴う燃焼行為は例外として認められています。
街の人も正月早々から、どんど焼きにまで苦情を言う人はいないでしょう。
今年も「ど~んと」燃え上がる火に手を合せながら、作物が病気にかからず健康に育ち、自然の災害に見舞われることなく豊かに実を結ぶことを祈願しました。
(2013.1.16)

☆1月のはやし農園さん情報☆
◇今月の販売品目◇
ダイコン・白菜・長ネギ・人参・里芋・もち米・米・地粉乾燥うどん・カラシナ・菜花・ほうれん草 など
◇直売◇
鴨志田郵便局前 1/7(月) 1/15(火) 1/21(月) 1/28(月)
カモカモマーケット/フラメシ前 1/13(日) 1/27(日)
はやし農園内 毎週土曜日2時頃 ※作業内容により直売する畑が変更になる場合がございます。詳しくはこちら

牛はのろのろと【百回直売】

2013.01.15 18:14|牛はのろのろと
12人の地主さんから土地を借り、約50種類の品目を生産されている 神奈川県青葉区の『はやし農園』さん。宅配、卸、直売とさまざまな形で地元の皆さんに野菜を届ける『はやし農園』さんのスタイルはまさに地産地消。そんな『はやし農園』ブログ【牛はのろのろと】転載させて頂きます!『はやし農園』さんの参加されるイベント情報もブログ最後に掲載致しますので要チェックですよ~。                            はやし農園 お問い合わせ noronorotoaruku@yahoo.co.jp

【百回直売】

「63回」。
これは今年、直売した回数です。畑の片すみからはじまった私たちの「直売」は、たくさんの方々の応援やご好意に支えられ、場所も地元のいくつかの場所で定着してきました。

畑で直売をはじめたのは一昨年の春のこと。春キャベツが市場では高騰し、お客さんが街なかから車で買いに来たのを今でも覚えています。「そら豆はそろそろかい?」と、収穫を心待ちにしたお客さんもいらっしゃいました。夏のトウモロコシは畑に列ができるほどお客さんが並びました。もぎたてトウモロコシを抱えたお客さんの後ろ姿が誇らしげだったことを思い出します。毎年楽しみに畑まで足を運んでくださる方々の「笑顔」を、本当にうれしく思います。
「長所」もありますが、畑での直売は天候に左右されやすいという「短所」があります。雨や風、高温や低温、日差し、急に降る雨・・・などは天敵です。あまりにいい天気で行楽日和というのも、直売するには厳しいものがあります。初夏から初秋の晴天では朝どり野菜でも新鮮な状態を保つのはとても難しく、逆に冬の寒さはお客さんが足をとおのく原因になります。ときどき常連さんから「畑に直売所をつくっちゃえば」と声をいただくことがありますが、借りている農地に、雨風しのげる頑丈な直売所をつくることは簡単ではありません。これがもしも、農地を所有していればいともたやすいことなのですが・・・。
現在は、たくさんの農地を所有している方だけが農業を継承する時代ではありません。
農地を所有せず新しく農業をはじめたという私たちの短所を、消費者や今の若い世代の方々にもっと知ってもらって、「食べる方々の目線」に寄り添った方法で野菜や食材を提供したいと考えています。言い換えれば、ユーザー目線という言葉になりましょうか。この「ない」を、強みに変えていく直売を模索したいと考えています。

ここ数年、年末の寒くなる時期にお正月野菜のニーズがあるのはわかっていても、畑の直売ではたくさん販売するのが困難で、畑ではない場所で販売できないものかと自問しておりました。
お陰さまで今年は、地場の野菜がほしい方、露地野菜ならではの旬の味を楽しみたい方、つくり手の顔が見えて安心できる野菜を探している方などなど多くの方々に、直接お渡しできる機会を持つことができました。「こんな風に料理したよ」、「味が濃かったね」とたくさんのご感想も聞かせていただきました。

来年の目標は「100回」。私たちならではの旬産旬消を、直売を軸に進めていきたいと考えています。
(2012.12.29)

☆1月のはやし農園さん情報☆
◇今月の販売品目◇
ダイコン・白菜・長ネギ・人参・里芋・もち米・米・地粉乾燥うどん・カラシナ・菜花・ほうれん草 など
◇直売◇
鴨志田郵便局前 1/7(月) 1/15(火) 1/21(月) 1/28(月)
カモカモマーケット/フラメシ前 1/13(日) 1/27(日)
はやし農園内 毎週土曜日2時頃 ※作業内容により直売する畑が変更になる場合がございます。詳しくはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。