06 | 2017/07 | 08
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Agru

Author:Agru
何に置いても人間性ってすごく大事だと思うんです。

もちろん、人の価値観は十人十色ですし、
どの価値観が正解でどの価値観が不正解とかは無いですけど。
ただ、実際自分の口に入る物だから〈食〉に携る現場の人が
どんな人なのかとか、どんな価値観なのかってすごく大事だと思うんです。

自分が生産者やってて、他の生産者さんや消費者さんと意見が食い違う事多々あります。
それで、じっくり話してみると、どちらが間違っているかではなくて..
少しのずれなんですけど、経験とか育った環境とか、知識とかで大きな隔たりが出来ていたりして。
それでもやっぱり自分の口に入る物だから譲れない部分があったりして。。


《AGRU》は食や農に対して、出会いのお手伝いをしたいんです。ホントに。
だって、そういう出会いを見つけた時に、本当に嬉しい事を知っているから。


〈つくりての立場〉から、〈調理してる立場〉から、〈食べる立場〉から、
それぞれの現場から伝えられる事、沢山ある筈です。それが、現場の宝です。

これからは、数多くの現場の声をお届け出来るように努めてまいります。
本当に本当に、素敵な出会いがありますように。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.28 00:20|ミチバタから草木図鑑
草木図鑑ヘッダ_2
神奈川県大和市の外れにある『みちばたばたけ』。その畑の中や、近隣のみちばたで見つけた身近な「食べる事が出来る」及び「生活に役に立つ」草や樹木をご紹介していきます。何年か後記事が溜まった時、これらをサバイバルに欠かせない資料とするべく、私は今日も畑の草の観察に精を出すのであります(。-_-)ノ☆

no.6【ドクダミ】 食用/外用/生薬/生活用
IMG_6011.jpg

今回ご紹介するのはドクダミ。畑、空き地、庭、その辺と本当に至る所で見かけます。誰もがその臭気を臭いと感じ、多くの人が「薬草」と認識するドクダミ。原産地は日本、中国、東南アジアです。

IMG_6002.jpg IMG_5999.jpg IMG_5996.jpg

生のドクダミと、乾燥したドクダミは薬効が異なると言われています。ドクダミの独特の匂い成分は抗菌効果が期待でき、乾燥した物は酸化してそれがなくなるからだそうです。生のドクダミは主に外用に、乾燥したドクダミは飲用に利用します。

解毒作用、利尿作用、排便を促す作用、殺菌作用、毛細血管を強くする作用が期待でき、動脈硬化、高血圧の予防、細胞組織の保護に向いているとのこと。また、ドクダミを入れたお風呂は新陳代謝を促進が期待できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これは人から聞いた話。以前ある方が、電磁波アレルギー体質で蓄膿に悩まされていた際、塩揉みした生のドクダミを鼻に30分程度つめて解毒を行った所、溜まった膿がドロドロと出てきた。。とか。

いや、すごいなと。

その内、覚悟が決まったら。。

花粉の時期に、自分で試して。。。

いや無理かも。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
料理 ・和え物 ・天ぷら ・薬草酒 など
外用 ・生葉を揉んだ(もしくはすり潰した)ものを風邪、蓄膿症、中耳炎の緩和に利用
   ・湿疹、腫れ物、吹き出物、かぶれ、水虫、タムシなどの皮膚疾患に利用
生薬 ・開花時に採取した全草を天日干し、後に陰干ししたモノを解毒/利尿/消炎/緩下に利用
   (生薬名:十薬/ジュウヤク)
生活 ・日本酒に漬け込んだ物を濾して、グリセリンと混ぜトニックとして
   ・乾燥葉を煮出した物を、お風呂にいれ浴用剤として

☆ドクダミが飲みやすいブレンドティーはこちら


)万病に効くと言われていますが、衰弱した方へのご利用はお控え下さい。
)外用や生薬での利用法は民間療法の例も含めてご紹介しております。効果・効能を求めてご利用される場合、使用している薬との弊害、使用する人間の体質に合う合わない、というケースも十分に考えられます。その際は医師、専門家にご相談の上ご利用下さい。

〈出典〉日本のハーブ80種 ジャパンハーブソサエティー編 
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。