10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Agru

Author:Agru
何に置いても人間性ってすごく大事だと思うんです。

もちろん、人の価値観は十人十色ですし、
どの価値観が正解でどの価値観が不正解とかは無いですけど。
ただ、実際自分の口に入る物だから〈食〉に携る現場の人が
どんな人なのかとか、どんな価値観なのかってすごく大事だと思うんです。

自分が生産者やってて、他の生産者さんや消費者さんと意見が食い違う事多々あります。
それで、じっくり話してみると、どちらが間違っているかではなくて..
少しのずれなんですけど、経験とか育った環境とか、知識とかで大きな隔たりが出来ていたりして。
それでもやっぱり自分の口に入る物だから譲れない部分があったりして。。


《AGRU》は食や農に対して、出会いのお手伝いをしたいんです。ホントに。
だって、そういう出会いを見つけた時に、本当に嬉しい事を知っているから。


〈つくりての立場〉から、〈調理してる立場〉から、〈食べる立場〉から、
それぞれの現場から伝えられる事、沢山ある筈です。それが、現場の宝です。

これからは、数多くの現場の声をお届け出来るように努めてまいります。
本当に本当に、素敵な出会いがありますように。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.04 23:47|牛はのろのろと
はやし農園ヘッダ2
12人の地主さんから土地を借り、約50種類の品目を生産されている 神奈川県青葉区の『はやし農園』さん。宅配、卸、直売とさまざまな形で地元の皆さんに野菜を届ける『はやし農園』さんのスタイルはまさに地産地消。そんな『はやし農園』ブログ【牛はのろのろと】転載させて頂きます!『はやし農園』さんの参加されるイベント情報もブログ最後に掲載致しますので要チェックですよ~。                            はやし農園 お問い合わせ noronorotoaruku@yahoo.co.jp

『攻めに転じる「分岐点」』


暖かくなり、寒くなり、また暖かくなり、寒くなり・・・。
その温度の移り変わりの先には必ず、「暖かくなり、暑くなる」という温度の分岐点のようなものがあるはずです。
そして当然のことながら、作物の種類や品種によって、その分岐点が異なります。
夏になれば、「あ~、あの品種にとって、あのときがそうだったね」と簡単にわかりますが、私のツタナイ経験だけでは季節を正確に予測するのはまだまだ難しいです。
それでも、チャンスがリスクを上回る時期を探しながら、ひとつひとつ「適期」を見つけていきます。

つい先週まで、霜の降りる心配をしていましたが、このところぽかぽか陽気が続きます。
ときどき季節はずれの寒気が来たり、晴天のため放射冷却が強まったり、温度の振れ幅の大きい4月でした。
霜の心配があるうちは、苗を植えるのを遅らせるか、ビニールの被覆資材を使って霜を防ぐか、いずれかの対策をとらなければ寒さのため枯れてしまいます。

このあたりでは、「ケヤキの老木の芽ぶき」を参考にするとよいという話を聞いたことがあります。
若いケヤキは桜が散り暖かくなるといっせいに芽を開き、葉を広げます。ですが、朝の冷え込みが強い年は、葉先が変色したり、運が悪いと葉が枯れたりすることがあります。
しかし、老木は的確に季節を読み、暖かな年は慎重に葉を広げ、寒さが遅くまで続く年は適期に勢いよく葉を伸ばすそうです。

温度の分岐点は、攻めに転じる分岐点でもあります。
いまは最高気温がおおむね20℃から25℃、多くの野菜にとって、生育するにはちょうどいい温度帯です。
25℃から30℃の夏を迎える前の、春の名残りのなかで、種を播き、苗を植えていきます。
丁寧にそして手早く、慎重かつ淡々と、とどまらない季節と共に次々と。

牛のろ_20130504

(13_5_3)
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。