07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Agru

Author:Agru
何に置いても人間性ってすごく大事だと思うんです。

もちろん、人の価値観は十人十色ですし、
どの価値観が正解でどの価値観が不正解とかは無いですけど。
ただ、実際自分の口に入る物だから〈食〉に携る現場の人が
どんな人なのかとか、どんな価値観なのかってすごく大事だと思うんです。

自分が生産者やってて、他の生産者さんや消費者さんと意見が食い違う事多々あります。
それで、じっくり話してみると、どちらが間違っているかではなくて..
少しのずれなんですけど、経験とか育った環境とか、知識とかで大きな隔たりが出来ていたりして。
それでもやっぱり自分の口に入る物だから譲れない部分があったりして。。


《AGRU》は食や農に対して、出会いのお手伝いをしたいんです。ホントに。
だって、そういう出会いを見つけた時に、本当に嬉しい事を知っているから。


〈つくりての立場〉から、〈調理してる立場〉から、〈食べる立場〉から、
それぞれの現場から伝えられる事、沢山ある筈です。それが、現場の宝です。

これからは、数多くの現場の声をお届け出来るように努めてまいります。
本当に本当に、素敵な出会いがありますように。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.02 15:46|牛はのろのろと
はやし農園ヘッダ2
12人の地主さんから土地を借り、約50種類の品目を生産されている 神奈川県青葉区の『はやし農園』さん。宅配、卸、直売とさまざまな形で地元の皆さんに野菜を届ける『はやし農園』さんのスタイルはまさに地産地消。そんな『はやし農園』ブログ【牛はのろのろと】転載させて頂きます!『はやし農園』さんの参加されるイベント情報もブログ最後に掲載致しますので要チェックですよ~。                            はやし農園 お問い合わせ noronorotoaruku@yahoo.co.jp

『鉢上げ』


牛のろ3_28


先日、トマトなど小さな苗を「鉢上げ」しました。
鉢上げとは、文字どおり鉢に上げることを意味します。
トマト、ナス、ピーマンなどのナス科の野菜は、小さなトレイに種を播き、温床で発芽をさせます。ふた葉を広げ、本葉が伸びはじめたころ、その小さなトレイから鉢に移しかえる作業を「鉢上げ」といいます。

最初から鉢に播けば?と思う方もいるかもしれません。
数百という数の鉢を並べるには、かなり大きな温床が必要です。
この時期、ナス科の野菜だけでなく、ウリ科の野菜などの発芽にも温床を使います。
小さなスペースでたくさんの苗を育てるため、というのが鉢上げのひとつの理由です。
そしてもうひとつ。苗の育つのに合わせて鉢をかえることで、目に見えて生長に勢いがでてきます。土のなかで根がより広い空間を目指して勢いよく伸びるにつれ、今度は土の上の本葉がみるみるうちに大きくなります。
はじめてでた本葉を育ててやれば根が伸び、その根を伸ばしてやれば苗がひと回り大きくなる・・・。このような働きかけを繰り返すなかで、苗を育てることが、「鉢上げ」の本当の意味かもしれません。


この鉢上げ作業を、我が家で手の器用さに定評?のある上の子に手伝ってもらいました。
小さな苗には小さな手がとっても役に立つようです。私の大きく、分厚くなってしまった指では、やわらかくしなやかに苗を移しかえることはできないもので・・・。
小学校低学年にしては、なかなかヤルな!という出来栄えです。親に褒められ、得意になり、「またやるとき手伝うよ、教えて!」といっていました。
・・・どうやら、2才のころから危なっかしい手つきでハサミを使って、部屋のなかのありとあらゆる紙を、切って、切って、切りまくっていた効果がでたみたい、です。
(13_3_28)
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。