09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Agru

Author:Agru
何に置いても人間性ってすごく大事だと思うんです。

もちろん、人の価値観は十人十色ですし、
どの価値観が正解でどの価値観が不正解とかは無いですけど。
ただ、実際自分の口に入る物だから〈食〉に携る現場の人が
どんな人なのかとか、どんな価値観なのかってすごく大事だと思うんです。

自分が生産者やってて、他の生産者さんや消費者さんと意見が食い違う事多々あります。
それで、じっくり話してみると、どちらが間違っているかではなくて..
少しのずれなんですけど、経験とか育った環境とか、知識とかで大きな隔たりが出来ていたりして。
それでもやっぱり自分の口に入る物だから譲れない部分があったりして。。


《AGRU》は食や農に対して、出会いのお手伝いをしたいんです。ホントに。
だって、そういう出会いを見つけた時に、本当に嬉しい事を知っているから。


〈つくりての立場〉から、〈調理してる立場〉から、〈食べる立場〉から、
それぞれの現場から伝えられる事、沢山ある筈です。それが、現場の宝です。

これからは、数多くの現場の声をお届け出来るように努めてまいります。
本当に本当に、素敵な出会いがありますように。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミチバタから草木図鑑【スズナ/菘(カブ)】

2012.12.28 15:25|ミチバタから草木図鑑
神奈川県大和市の外れにある『みちばたばたけ』。その畑の中や、近隣のみちばたで見つけた身近な「食べる事が出来る」及び「生活に役に立つ」草や樹木をご紹介していきます。何年か後記事が溜まった時、これらをサバイバルに欠かせない資料とするべく、私は今日も畑の草の観察に精を出すのであります(。-_-)ノ☆

no.3『スズナ/菘(カブ)』 食用/外用

IMG_4916.jpg

今回はスズナことカブ。ま“草”というよりは野菜ですが、春の七草の1つなので取り上げてみました。
カブの原産地は地中海沿岸〜南ヨーロッパの地域と考えられていて、実は紀元前にはもう栽培されていたとか。

IMG_4918.jpg IMG_4914.jpg IMG_4931.jpg

カブってダイコンより少し弾力があって、触り心地がブニブニしてますよね。。
なんか楽しくないですか。。。

葉にはビタミンC A B1 B2、カロテン、カルシウム、鉄、食物繊維など豊富に栄養が含まれているので生活習慣病などの予防に◎。また、根には繊維質や消化酵素が含まれているので、便秘、胸やけ、胃もたれに◎。

根をすりおろしたモノ、種子をすりつぶしたモノは外用にも利用されてきたとか。
まさに歴史のある野菜の貫禄がにじみ出ています。

すげ〜。。。

と、心にもないことを。。
ではでは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

料理 ・漬け物 ・煮物 ・その他にも和洋中華料理に幅広く利用されています
外用 ・シモヤケの治療に、根をすりおろしたモノを塗布
   ・円形脱毛症やまつげの脱毛症に種子をすり潰したモノをお酢に混ぜて塗布
   ・ソバカスに種子をすり潰したモノを塗布

注)外用での利用法は民間療法の例も含めてご紹介しております。効果・効能を求めてご利用される場合、使用している薬との弊害、使用する人間の体質に合う合わない、というケースも十分に考えられます。その際は医師、専門家にご相談の上ご利用下さい。

〈出典〉日本のハーブ80種 ジャパンハーブソサエティー編 
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。