07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Agru

Author:Agru
何に置いても人間性ってすごく大事だと思うんです。

もちろん、人の価値観は十人十色ですし、
どの価値観が正解でどの価値観が不正解とかは無いですけど。
ただ、実際自分の口に入る物だから〈食〉に携る現場の人が
どんな人なのかとか、どんな価値観なのかってすごく大事だと思うんです。

自分が生産者やってて、他の生産者さんや消費者さんと意見が食い違う事多々あります。
それで、じっくり話してみると、どちらが間違っているかではなくて..
少しのずれなんですけど、経験とか育った環境とか、知識とかで大きな隔たりが出来ていたりして。
それでもやっぱり自分の口に入る物だから譲れない部分があったりして。。


《AGRU》は食や農に対して、出会いのお手伝いをしたいんです。ホントに。
だって、そういう出会いを見つけた時に、本当に嬉しい事を知っているから。


〈つくりての立場〉から、〈調理してる立場〉から、〈食べる立場〉から、
それぞれの現場から伝えられる事、沢山ある筈です。それが、現場の宝です。

これからは、数多くの現場の声をお届け出来るように努めてまいります。
本当に本当に、素敵な出会いがありますように。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビロちゃんのノマド農業記13

2012.10.30 02:16|ビロちゃんのノマド農業記
就農を目指し、自分の帰るべき畑を求め、全国を旅歩くビロちゃん。そんな彼女の畑生活をお届けします。
彼女の就農までの道程は、本当に畑をやりたい人へのメッセージですw
ファームステイの最中で急遽連載をお願いした為、途中よりのお話になりますがご了承下さい。

ビロちゃん13

台風接近中~。

またしても雨雨雨。
なので畑は休み。
なのでこんな日は…市役所へ!


実は南房総市の三芳には、
新規就農者支援施設なるものがある。

これは、地方農村において、
次代の担い手である新規就農者の育成確保の為に行政が設けた施設で、
要するに、
三芳で就農したいって人に
わりと安く(っていってもそんなに安くはない)貸してもらえる住宅なのであーる。

こんなにありがたいものがあるならぜひとも利用するっきゃないのであーる。

がしかし!
これがまたそう簡単には貸してくれないのである。

入居できる条件がいくつかあって、
それをクリアしてれば、
営農計画書やらなにやら、とにかくたくさん書類を書いて、
申請→審査→認可されてからの入居。
市の担当者から色々説明を受ける。

今後、三芳で(←ここ重要)就農する意志とその素質があるかどーかが重要らしい。

まー確かにどこの輩かわからない人には貸せないもんね。

ここに入居できるように、
審査通るように、
計画書等々頑張って書きます。



地方の農村での高齢化、過疎化はここ南房総だけじゃなく、日本全国で深刻化してるのはもはや常識。

耕作放棄地は増え、日本の元風景はいつか失われてしまうかもしれない。

日本の第一次産業はどうなってしまうんだろう。って思う。

10年後、20年後、30年後…
日本の食卓に並ぶものは今より随分変わってるだろうな。



三芳はこういった施設を作ったりして
新規就農者に対しての支援姿勢があることは多少伺えるけど、
行政側の実質的な支援、バックアップの仕組みがあるようには感じないなぁ。
もっともっと本気で真面目に(やってるとは思いますけど、、)取り組まないと、
もうけっこうなとこまできてると思うんだけどな、私は。


まー、憂いてばかりいてもしゃーない。

今目の前にあるものをひとつひとつきちんと丁寧に。
やれることからやってこーっ。
もちろん楽しみながら!


千里の道も一歩からなり。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。