07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Agru

Author:Agru
何に置いても人間性ってすごく大事だと思うんです。

もちろん、人の価値観は十人十色ですし、
どの価値観が正解でどの価値観が不正解とかは無いですけど。
ただ、実際自分の口に入る物だから〈食〉に携る現場の人が
どんな人なのかとか、どんな価値観なのかってすごく大事だと思うんです。

自分が生産者やってて、他の生産者さんや消費者さんと意見が食い違う事多々あります。
それで、じっくり話してみると、どちらが間違っているかではなくて..
少しのずれなんですけど、経験とか育った環境とか、知識とかで大きな隔たりが出来ていたりして。
それでもやっぱり自分の口に入る物だから譲れない部分があったりして。。


《AGRU》は食や農に対して、出会いのお手伝いをしたいんです。ホントに。
だって、そういう出会いを見つけた時に、本当に嬉しい事を知っているから。


〈つくりての立場〉から、〈調理してる立場〉から、〈食べる立場〉から、
それぞれの現場から伝えられる事、沢山ある筈です。それが、現場の宝です。

これからは、数多くの現場の声をお届け出来るように努めてまいります。
本当に本当に、素敵な出会いがありますように。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.28 01:18|牛はのろのろと
はやし農園ヘッダ2
12人の地主さんから土地を借り、約50種類の品目を生産されている 神奈川県青葉区の『はやし農園』さん。宅配、卸、直売とさまざまな形で地元の皆さんに野菜を届ける『はやし農園』さんのスタイルはまさに地産地消。そんな『はやし農園』ブログ【牛はのろのろと】転載させて頂きます!『はやし農園』さんの参加されるイベント情報もブログ最後に掲載致しますので要チェックですよ~。                            はやし農園 お問い合わせ noronorotoaruku@yahoo.co.jp

『生ニンニク』

はやし農園_20130517

早どりして、乾燥させないで食べれないのかな・・・。
昨年、大きく育つにんにくを見ていて、そんな風に思ったのがきっかけで早速、ネットで調べてみました。
「早どり にんにく」、「生 にんにく」という具合に。

<収穫を迎えた時期、産地だけに出まわる生のにんにく。フレッシュな香りが楽しめる。乾燥させていないので、にんにくの肌がひと際美しい白色をしているのが特徴。>

あ~、やっぱり生にんにくってあるんだ。
まな板の上でにんにくをスライスすると、なるほど乾燥したものよりも瑞々しい。切り口から、にんにくのエキスが水滴になって垂れてしまうくらいに。
フライパンに油をひいて、スライスしたにんにくを炒めてみると、なんとも言えないフレッシュな香り。食べてみると、口のなかいっぱいに広がる豊かな風味。
近ごろ、市販のにんにくを食べると胃腸が調子悪くなることが多かったのですが、この生にんにくはそんなことはまったくありませんでした。

この生にんにく、今年は200個くらいを販売します。
早どりしたものには、葉つきで。
そしてこの葉のなかに隠れている「にんにくの芽」を探してください。
丁寧に葉をはがし、花芽を外して、柔らかいところを召し上がれます。
直売で販売しますが、たくさん欲しい方はあらかじめご注文いただけると幸いです。
(13_5_17)
スポンサーサイト

2013.05.28 00:20|ミチバタから草木図鑑
草木図鑑ヘッダ_2
神奈川県大和市の外れにある『みちばたばたけ』。その畑の中や、近隣のみちばたで見つけた身近な「食べる事が出来る」及び「生活に役に立つ」草や樹木をご紹介していきます。何年か後記事が溜まった時、これらをサバイバルに欠かせない資料とするべく、私は今日も畑の草の観察に精を出すのであります(。-_-)ノ☆

no.6【ドクダミ】 食用/外用/生薬/生活用
IMG_6011.jpg

今回ご紹介するのはドクダミ。畑、空き地、庭、その辺と本当に至る所で見かけます。誰もがその臭気を臭いと感じ、多くの人が「薬草」と認識するドクダミ。原産地は日本、中国、東南アジアです。

IMG_6002.jpg IMG_5999.jpg IMG_5996.jpg

生のドクダミと、乾燥したドクダミは薬効が異なると言われています。ドクダミの独特の匂い成分は抗菌効果が期待でき、乾燥した物は酸化してそれがなくなるからだそうです。生のドクダミは主に外用に、乾燥したドクダミは飲用に利用します。

解毒作用、利尿作用、排便を促す作用、殺菌作用、毛細血管を強くする作用が期待でき、動脈硬化、高血圧の予防、細胞組織の保護に向いているとのこと。また、ドクダミを入れたお風呂は新陳代謝を促進が期待できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これは人から聞いた話。以前ある方が、電磁波アレルギー体質で蓄膿に悩まされていた際、塩揉みした生のドクダミを鼻に30分程度つめて解毒を行った所、溜まった膿がドロドロと出てきた。。とか。

いや、すごいなと。

その内、覚悟が決まったら。。

花粉の時期に、自分で試して。。。

いや無理かも。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
料理 ・和え物 ・天ぷら ・薬草酒 など
外用 ・生葉を揉んだ(もしくはすり潰した)ものを風邪、蓄膿症、中耳炎の緩和に利用
   ・湿疹、腫れ物、吹き出物、かぶれ、水虫、タムシなどの皮膚疾患に利用
生薬 ・開花時に採取した全草を天日干し、後に陰干ししたモノを解毒/利尿/消炎/緩下に利用
   (生薬名:十薬/ジュウヤク)
生活 ・日本酒に漬け込んだ物を濾して、グリセリンと混ぜトニックとして
   ・乾燥葉を煮出した物を、お風呂にいれ浴用剤として

☆ドクダミが飲みやすいブレンドティーはこちら


)万病に効くと言われていますが、衰弱した方へのご利用はお控え下さい。
)外用や生薬での利用法は民間療法の例も含めてご紹介しております。効果・効能を求めてご利用される場合、使用している薬との弊害、使用する人間の体質に合う合わない、というケースも十分に考えられます。その際は医師、専門家にご相談の上ご利用下さい。

〈出典〉日本のハーブ80種 ジャパンハーブソサエティー編 

2013.05.04 23:47|牛はのろのろと
はやし農園ヘッダ2
12人の地主さんから土地を借り、約50種類の品目を生産されている 神奈川県青葉区の『はやし農園』さん。宅配、卸、直売とさまざまな形で地元の皆さんに野菜を届ける『はやし農園』さんのスタイルはまさに地産地消。そんな『はやし農園』ブログ【牛はのろのろと】転載させて頂きます!『はやし農園』さんの参加されるイベント情報もブログ最後に掲載致しますので要チェックですよ~。                            はやし農園 お問い合わせ noronorotoaruku@yahoo.co.jp

『攻めに転じる「分岐点」』


暖かくなり、寒くなり、また暖かくなり、寒くなり・・・。
その温度の移り変わりの先には必ず、「暖かくなり、暑くなる」という温度の分岐点のようなものがあるはずです。
そして当然のことながら、作物の種類や品種によって、その分岐点が異なります。
夏になれば、「あ~、あの品種にとって、あのときがそうだったね」と簡単にわかりますが、私のツタナイ経験だけでは季節を正確に予測するのはまだまだ難しいです。
それでも、チャンスがリスクを上回る時期を探しながら、ひとつひとつ「適期」を見つけていきます。

つい先週まで、霜の降りる心配をしていましたが、このところぽかぽか陽気が続きます。
ときどき季節はずれの寒気が来たり、晴天のため放射冷却が強まったり、温度の振れ幅の大きい4月でした。
霜の心配があるうちは、苗を植えるのを遅らせるか、ビニールの被覆資材を使って霜を防ぐか、いずれかの対策をとらなければ寒さのため枯れてしまいます。

このあたりでは、「ケヤキの老木の芽ぶき」を参考にするとよいという話を聞いたことがあります。
若いケヤキは桜が散り暖かくなるといっせいに芽を開き、葉を広げます。ですが、朝の冷え込みが強い年は、葉先が変色したり、運が悪いと葉が枯れたりすることがあります。
しかし、老木は的確に季節を読み、暖かな年は慎重に葉を広げ、寒さが遅くまで続く年は適期に勢いよく葉を伸ばすそうです。

温度の分岐点は、攻めに転じる分岐点でもあります。
いまは最高気温がおおむね20℃から25℃、多くの野菜にとって、生育するにはちょうどいい温度帯です。
25℃から30℃の夏を迎える前の、春の名残りのなかで、種を播き、苗を植えていきます。
丁寧にそして手早く、慎重かつ淡々と、とどまらない季節と共に次々と。

牛のろ_20130504

(13_5_3)

2013.04.28 00:23|ビロちゃんのノマド農業記
あぐり日記title3
有機農業を目指して、南房総に移住。0からのスタートを始めたビロちゃん。自然に恵まれたこの地を堪能するビロちゃんの“あぐり生活”をお届け致します。        ◇ビロちゃん facebook : http://www.facebook.com/bironekosumire?fref=pb

H25_4_25
IMG_20130409_131528.jpg

春がやってきて
暖かさと共に
慌ただしくなってきました。

種まき、草刈り、そしてそして、
田んぼの準備。
一年に一回の大仕事は
失敗が許されない。

ハウスで育てた
稲苗もぐんぐん成長して
田植えを待ってる。


IMG_20130414_205210.jpg

田んぼの準備中。

田んぼには生き物がいっぱい。

稲の天敵のザリガニも、
田植えの前には
雑草をチョキチョキ切ってもらうという
大役が。

生き物の力を上手く借りて。


IMG_20130415_182448.jpg

この時期になると、
夜は蛙の合唱で
闇夜の静けさは埋め尽くされます。


IMG_20130425_225503.jpg

そして、いよいよ!
田植えの始まり。

季節は慌ただしくめぐっていきます。

2013.04.28 00:06|牛はのろのろと
はやし農園ヘッダ2
12人の地主さんから土地を借り、約50種類の品目を生産されている 神奈川県青葉区の『はやし農園』さん。宅配、卸、直売とさまざまな形で地元の皆さんに野菜を届ける『はやし農園』さんのスタイルはまさに地産地消。そんな『はやし農園』ブログ【牛はのろのろと】転載させて頂きます!『はやし農園』さんの参加されるイベント情報もブログ最後に掲載致しますので要チェックですよ~。                            はやし農園 お問い合わせ noronorotoaruku@yahoo.co.jp

『晩生の分け葱』


牛のろ_130404

晩生(おくて)の分け葱(わけねぎ)。
これを、少し茹でて酢味噌で和えた“ぬた”。
かみしめるほどに広がる素朴な甘みと葱の香り。
キュッ、ツルッ、ヌルッ・・・と、口のなかに残るナントモいえない食感。
葱の白と青。ふたつの個性を和えた“ぬた”には、この葱が欠かせません。

一般に作物は、品種の特性により、「わせ、なかて、おくて」の三つに分類されます。
漢字にすれば、早生、中手、晩生です。
早生は、比較的に「早く」播くことのできる品種。生育ステージも「早く」進み、文字どおり「早く」収穫できます。
旬の食材が皆さんの食卓にはじめてならぶとき、言い換えれば、旬の「走り」の時期に出回るものが、この「早生」であることが多いようです。
特にお米は、早く収穫できる早生の稲を「早稲(わせ)」と書くこともあります。
この辺りでもひと昔前まで、稲の収穫は10月の真っただ中に行っていたそうです。稲刈りをして、かけ干しをして、脱穀が終わるのは10月の終わり。おそらくその裏作として小麦を栽培していたことでしょう。かけ干しに使う木や竹を片づけて、田を起こし、小麦を播き、それから籾を摺って、精米して・・・白米として食卓にならぶのは11月も半ばを過ぎていたかもしれません。運悪く秋の長雨と台風が重なった年などは、もしかしたら12月に入ってから・・・なんてこともあったでしょう。

稲を早く収穫することが「悲願」だった時代を想像してみてください。
そうした時代、「早稲」という言葉の響き、輝き、力強さは、私たちが知るよりも大きな意味を持っていたのではないでしょうか。
早場米(はやばまい)、早田(はやた)、早稲田(わせだ)、早苗(さなえ)・・・など稲と「早」の字が組み合わさった言葉には、農家・農民のそうした想いが込められているような気がします。

次は「晩生」です。晩生は、早生よりも「遅い」ことを意味します。播く時期も「遅い」、生育ステージも「遅い」、収穫も当然ながら「遅い」品種になります。「遅い」ということは、生育期間が長くゆっくりと育つことになり、言い換えれば、味や香りがしっかりとして、食材そのものに奥行きが出てきます。旬の「盛り」や「名残り」の時期に出回るものが、この「晩生」に相当するようです。

「中手」はもうお分かりでしょう。「早生」と「晩生」の中間の品種になります。おおむね、旬の「盛り」を支える大切な品種と言えるかもしれません。
それ以外にも、「極早生(ごくわせ)」、「中早生(なかわせ)」、「中晩生(ちゅうばんせい)」など、四季の微妙な移り変わりに合わせて、多様な個性を備えた品種があることに改めて驚かされます。
早生はワセナラデワノ、フレッシュな香り、爽やかな味が輝くもの。中手はナカテナラデワノ、派手さはなく確かな味と食感を備えたもの。晩生はオクテナラデワノ、しっかりと熟成された奥深い香りとコクのある味、そして多彩な食感・・・。
ひとつの種のなかに、これだけの品質のバリエーションが存在することに、作物の奥深さを感じます。

さてここで「長葱」の話にもどりましょう。
私たちは一年を通じなにかと、「長葱」としてひと括りしてしまいがちです。
たいていの葱は種を播いてから10ヶ月以上の時間をかけ、手間を惜しまず栽培します。
丹精込めて土をかけ、白い根を育てれば「根深葱」、土をかけるのをほどほどにして、青い葉を育てる栽培方法をとれば「葉葱」。品種の特性によっても、皆さんの食卓によく登場する「一本葱」、二本が四本に・・・と分けつを繰り返す「分け葱」、球根を植えて葉を育てる「分葱(わけぎ)」など。葱が育つ季節、それを収穫する季節によっても、香りも味わいも楽しみ方も違ってきます。

一年でこの季節だけの特別な、晩生の分け葱。
ぜひ、“ぬた”にしてお召し上がりください。
(13_4_4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。